カードローン審査に落ちる理由はあまりありません!

実はカードローンで審査に落ちる理由は少ないのです。
カードローンの審査の目的は落とすことではなく、融資限度額を算定することにあり、審査に落ちる人というのは融資限度額がゼロになってしまったという人なのです。
もちろんブラックリストと言われる金融事故の経験者は、個人信用情報機関に登録がされていますから、無条件で審査に落ちますが、実際にそのような人は多くありません。
カードローンで審査に落ちると言うのは相当な理由がない限りありえないと考えた方がいいのです。
もちろん金融機関によっては収入の確実性がない人に対して融資限度額を減額するようなことはあります。
しかし、それであっても融資限度額をゼロ、つまり審査に落とすという事はないのです。