自営業住宅ローンと青色申告の関係は?

自営業で住宅ローンの審査が通りにくいというのは本当のようですね。
銀行からすると、安定した収入があって、返済が滞りなく出来るということが条件として重要だと考えているのです。
課税所得が200万円を超えていることがひとつの目安としているところも多いようです。
いくら事業で多額のお金を動かしていても、収益が少ないのでは返済に回せる金額がないと判断されてしまうのです。
ここで気になるのが青色申告です。
事業者の場合は、青色申告を利用すると、課税対象額が控除されて少なくなります。
しかし、銀行側の判断材料になる課税対象額が少なくなってしまうのでやや不利になるケースも出てきます。
納税の仕方としては正当な方法をとっているのに残念な気もしますが、本業をしっかり頑張って実績を積むことを目指しましょう。
自営業・経営者の住宅ローンQ&A【審査通らない・審査落ちしたら?】