住宅ローン借り換えの注意点とは?

住宅ローンの借り換えの目的は、毎月の支払額を減らすことだと考えられますが、しっかりとコストを計算することが大切です。金利の安いところに変更すればいいと考えている人は多いですが、借り換えには銀行に支払う事務手数料や保証料の他に、印紙税などのまとまったお金が必要になり、かなりの負担になることは間違いありません。更に今まで減税を受けていた人が、借り換えによって受けられなくなるということもあり注意が必要です。最近の銀行は優遇金利を提供している銀行が多いですが、優遇金利を利用する場合にもいくつか注意点があります。利用する際の条件には、給与振込口座や公共料金の引き落としを設定するなどのいくつかの条件があります。また、優遇金利がいつまで適用されるのかということも重要になります。完済まで優遇されるものもあれば、期間が限定されているものもあります。期間が限定されているものに関しては、その後の金利がどうなるのかという確認が必要です。