フラット35sの審査に通るメリットとは?

フラット35sの審査に通る住宅として耐震住宅があります。
耐震構造を取っているものとして、一定の規格をクリアすることでフラット35sの審査に通ることになります。
このような住宅は住宅自体の躯体がしっかりしていますから、長期間の利用ができます。
とかく利用可能期間が短いとして問題になっている日本の住宅に対するイメージを変えることができる住宅なのですが、地震が多い日本の風土にマッチした住宅であるとも言えます。
先の大震災に代表されるように日本は地震が多い国です。
地震が起きた際に少しでもそのダメージを少なくすることは国の政策としても大切なのです。
そのためにフラット35sの制度を設けて高くなりがちな住宅費用をバックアップしているのです。